中国側から日本を表すのに「倭」を使用し、この表現は紀元前1,000年頃、周王朝から独立し、呉を建国した太伯・虞仲時代からのようです。その当時の倭人の風習は、髪を短く切り、刺青をする。これは、海に潜って魚を捕る素潜りのため。この様相は、呉国の海岸線の人達とよく似ていた。そこで中国では、太伯の子孫が日本に渡って倭人になったと言い伝えがある。「倭」に対して、そんな意識が紀元前後の漢王朝でもあった。また、そんな後漢の時代には、楽浪郡をはじめとして、山東半島の対岸である朝鮮半島東北部も支配していた。その当時、中国、後漢は、日本列島に一番近い国家であった。
2世紀の後漢
 日本では、まだ全国的に統一された国家らしきものはなかった。神武天皇が存在していたと主張する古代史愛好家は、そうとは思わないかもしれないが、あるとしたら、小さな国だった。朝鮮半島でも、高句麗が楽浪郡を占領するまでは、馬韓や弁韓や辰韓も小国ばかりだった。その中には、楽浪郡と交渉権を持った国があったと思う。このような三韓の小国と関係があった日本の小国家。そんな日本の国は、楽浪郡と交渉するに当たって、日本の代表、中国からすると、倭国と名乗った。南部朝鮮も含めて、日本の代表権、中国側からすると、倭国の代表権を争ったのが、2世紀後半の倭国大乱でした。日本の小国同士の争い。その範囲は、九州全土と下関から出雲に掛けて、そして瀬戸内海の沿岸。この時点では、ヤマト王権は蚊帳の外だったと思う。後漢との交渉権を争った小国が、邪馬台国の卑弥呼を女王にすることによって、倭国大乱は治まる。この大乱の時期は、中国では後漢の時代で、第11代桓帝と第12代霊帝の時代だと言われています。個々の小国が楽浪郡、桓帝や霊帝とのお目通りを目出して、日本の代表権と南部朝鮮支配を願い出た。それで、卑弥呼によって成就するのですね。
邪馬台国とその周辺国
 卑弥呼が女王になった頃、霊帝の末期に中国では黄巾の乱が起こり、魏・蜀・呉の三国時代を迎える。189年に霊帝が崩御、220年に後漢が滅亡して、日本としては魏と交渉することになる。魏が238年に楽浪郡を接収すると、卑弥呼は楽浪郡に難升米を派遣する。247年に狗奴国との戦いで、魏に応援を依頼している。そして、248年に卑弥呼が死去。魏も265年に滅亡し、西晋が魏の後を継いだ。その頃になると楽浪郡も313年に高句麗によって滅ばされる。それ以後、西晋は朝鮮半島の実権を失う。そして、西晋は291年から始まる内部分裂、八王の乱からにより316年に洛陽が陥落して、長江より南の江南に移住して東晋を建国した。また、その頃には邪馬台国の存在も消えてなくなっていた。
西晉軍鎮及八王封國分布圖
 南部朝鮮支配を願っている倭国の小国の首長達は、魏の後ろ盾をなくすことになる。魏が倭国の小国を把握していたのは、弁韓の狗邪韓国、対馬国、一大国、末盧国、伊都国、奴国、不弥国と投馬国等の邪馬台国の関係国、その他に、遠くに在って国名だけしか分からない国として斯馬国、己百支国、伊邪国、都支国、彌奴国、 好古都国、不呼国、姐奴国、對蘇国、蘇奴国、 呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、爲吾国、鬼奴国、 邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、烏奴国、奴国が記録されている。また、南の狗奴国の男王卑弥弓呼とは不和との記録もある。奴国は2回記されているが同一の国とする説と別の国とする説がある。これらの国が邪馬台国で統一しかけたが、魏や西晋の後ろ盾がなくなったことで、狗奴国やヤマト王権が日本の統一に向けて動き出す。それが、空白の4世紀と言われる時代です。
4世紀頃の中国
 さて、大和朝廷が編纂した『日本書紀』では、紀元前600年頃から政権を持続していたと言わんばかりに、神武天皇がその頃、奈良の橿原で即位したとなっている。そのため、実際年数と100年ほど食い違ってくる。戦前では、倭国大乱は景行天皇やヤマトタケルが九州に出向いて、戦ったという認識であった。卑弥呼においては、神功皇后ではないかと。実際はどうだったのだろうか。2世紀後半頃にはヤマト王権は存在しなかった。或いは寄せ集めの集団的存在。卑弥呼が死去した頃、奈良の大和国で崇神天皇が王権を誕生させた。空白の4世紀になって、景行天皇・ヤマトタケルの時代から仲哀天皇が九州を平定させ、念願の南部朝鮮の支配を目的として、神功皇后の三韓征伐がある。5世紀の始め頃に、ようやく、魏の後見国、南朝の東晋、梁などと交渉権を得られた。それが、倭の五王の時代です。その交渉権の主な目的が、やはり南部朝鮮の支配だったのです。南部朝鮮には、鉄の原料、鉄鉱石が大量に存在していましたからね。倭の五王は、ヤマト王権のスメラミコトではありますが、中国南朝の国王に対して、倭国の代表としていた。


にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録