アイヌ人 現在、蝦夷地とは北海道を指しますね。日本政府が日本の先住民として認めたアイヌ人。そのアイヌ人が北海道に永住しているので、蝦夷というとアイヌ人という固定概念をお持ちではないですか。北海道は確かに、本州と違った形で歴史が進んでいたのは確かで、縄文文化が永く残り、オホーツク海から海獣狩猟や漁労を中心とする生活を送っていたオホーツク文化、トビニタイ文化(アイヌの文化)が9世紀頃に北海道の道東部に。この文化は、樺太半島を中心にしたオホーツク文化人(ニヴフ人)が北海道に上陸して築いた文化で、アイヌ人が継承している。一方、その頃の北海道は縄文文化が独自に進化した続縄文時代が紀元前3世紀から7世紀まで続いていた。この頃、本州では弥生時代から古墳時代、そして、飛鳥時代と進んでいるのに。北海道の独自性は、7世紀以降も続き、土器は本州から伝わった土師器に変わったものの、9世紀頃からトビニタイ文化の影響から鉄器をつかうようになった。これが擦文文化で、13世紀頃にはトビニタイ文化を吸収してしまった。13世紀頃には、縄文人の生き残りと縄文人とアイヌ人の混血とアイヌ人が。
砂沢遺跡と松石橋遺跡 北海道は、根っからのアイヌ人の島と言うわけではないのですね。鎌倉時代までに本州から北海道に渡った人や鎌倉時代の罪人が北海道に流された人もいたようです。鎌倉時代に安東氏を守護として送り、北海道が蝦夷地として日本の領土になった。その当時、北海道では、稲が育たなかった。そのため、稲が育つ津軽半島や下北半島から北海道の南部、渡島に米を輸出し、北海道で採られる魚介類を輸砂沢遺跡の水田遺構入して、交流を深めていた。北海道では稲作が出来なかったが、下北半島を南下した青森県弘前市三和の砂沢遺跡では、弥生時代前期の水田遺構が発見されています。土偶や縄文式土器の流れをくむ弥生土器などが出土されています。また、青森県三戸郡南郷の松石橋遺跡と土偶が発掘されている是川中居遺跡から出土した土器は、何と、九州北部が発祥の地の遠賀川式土器だったのです。東北に稲作が伝わったのは、松石橋遺跡の土器紀元前3世紀から紀元前2世紀の頃で、青森県南津軽郡舎館の垂柳遺跡では水田跡に弥生人の足跡が残されている。本州の最北端には、紀元前3世紀頃から従来生活をしていた縄文人と弥生人の混血が行われていたことになります。
垂柳遺跡の弥生人の足跡
 『古事記』や『日本書紀』に出てくるヤマトタケルの命の東国征伐。この東国の人は、弥生人と縄文人の混血だったのでしょうか。また、大化の改新以前は、蝦夷(えぞ)のことを「えみし」といい、〈夷〉〈毛人〉の字をあていました。一般的に〈蝦夷〉という字を使うようになったのは、15世紀ころからです。大化の改新の頃の「えみし」という土地は、奥州地方を指していたのです。5世紀の中国の歴史書『宋書』倭国伝には、478年倭王武が宋 (南朝)に提出した上表文の中に以下の記述がある。
「昔から祖彌(そでい)躬(みずか)ら甲冑(かっちゅう)を環(つらぬ)き、山川(さんせん)を跋渉(ばっしょう)し、寧処(ねいしょ)に遑(いとま)あらず。東は毛人を征すること、五十五国。西は衆夷を服すること六十六国。渡りて海北を平らぐること、九十五国。」
 このように古墳時代には、蝦夷を毛人といい、かなりの国に分かれていた。天智天皇・天武天皇の母の斉明天皇の時代に、越国守であった阿倍比羅夫を蝦夷征討に向かわせている。東北を蝦夷とし、北海道を中国の北東部、北朝鮮の北にあった粛慎としている。これが、オホーツク文化人(ニヴフ人)でアイヌ人のことらしい。
 奈良時代末期に蝦夷征討の将軍として、征夷大将軍が設けられ、最初になったのが大伴弟麻呂、その後、坂上田村麻呂。田村麻呂は、2度にわたって桓武天皇の命により、奥州全域で蝦夷人と戦い、勝利した。これにより、蝦夷地が平定された。この蝦夷人は、アイヌじんではなく、縄文人と弥生人の混血で、蝦夷という異人と戦っていたわけではなく、日本人どうしで戦っていたのです。

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録