イザナミがカグヅチによって死んでしまいます。それでも、神なのですね。黄泉の国、イザナミの故郷、出雲に身を隠したのです。そこで、イザナギはイザナミに会いたくて出雲まで会いに行きます。そこで、イザナギはイザナミに会うことができます。しかし、その姿は腐敗してウジ虫が湧いている状態でした。
【本文】
於是欲相見其妹伊邪那美命。追往黃泉國。爾自殿騰戶。出向之時。伊邪那岐命。語。詔之愛我那邇妹命。吾與汝所作之國。未作竟。故可還。爾伊邪那美命答白。悔哉。不速來。吾者爲黃泉戶喫。然愛我那勢命。入來坐之事恐故。欲還。且與黃泉神相論。莫視我。如此白而還入其殿内之間。甚久難待。
【解説】
イザナギはそののち、妹、イザナミに会いたくて、黄泉の国へと追いかけます。出迎えたイザナミに対して、イザナギが声を掛けた「愛しい我が妹、吾と汝で作った国はいまだ作り終えていない。さあ、帰ろう」。すると、イザナミは答えて曰く「くやしいことです。もっと早く来てくれたなら。わたしは、黄泉の国の館で食事をしまいました。いとしいあなたが、この恐ろしい処に入ってこられたのはうれしい。わたしも帰りたい。黄泉の国の神に相談します。その間、わたしを視ないでください」といって、館に戻っていった。イザナギは久しく長い間、待ったが待ちきれなくなった。
【私感】
 黄泉の国とは、古代の中国では地下に死の世界があるとされていた。すると、イザナギはイザナミに会うため、墓地である横穴式石室か横穴系墓室に侵入したのではないでしょうか。そして、イザナミの姿を見て、イザナギは驚きます。
【本文】
故刺左之御美豆良。湯津津間櫛之男柱一箇取闕而。燭一火。入見之時。宇士多加禮斗呂呂岐弖。於頭者大雷居。於胸者火雷居。於腹者黑雷居於陰者拆雷居。於左手者若雷居。於右手者土雷居。於左足者鳴雷居。於右足者伏雷居。并八雷神成居。
【解説】
みづらイザナギは左のミヅラに指してあったユツツマ(聖神な櫛)を取り出し、一本の歯を折り、火を付けた。そして、館に入ってみた。イザナミの体にはゴロゴロとウジ虫が。その体には、頭にオオイカヅチ、胸にオノイカヅチ、腹にクロイカヅチ、陰部にサキイカヅチ、左手にワカイカヅチ、右手にツチイカヅチ、左足にナリイカヅチ、右足にフシイカヅチがいた。すべて、八つの雷のオロチがいたことになる。
【私感】
  ミヅラとは、『古事記』が編纂された時代かそれ以前の男子の髪型で、長髪を頭の真ん中で分け、耳元で束ねたヘアスタイル。この髪型は、古墳の周りに立てられた埴輪からも窺える。火雷居と書いてイカヅチと読み、火が出る雷の居、大蛇のオロチを表しています。大蛇がイザナギに襲いかかります。
【本文】
於是伊邪那岐命見畏而。逃還之時。其妹伊邪那美命。言令見辱吾。即遣豫母都志許賣。令追。爾伊邪那岐命。取黑御鬘投棄。乃生蒲子。是摭食之間。逃行。猶追。亦刺其右御美豆良之湯津津間櫛引闕而。投棄。乃生笋。是拔食之間。逃行。
【解説】
それを見たイザナギは、恐ろしくなって背を向けて逃げた。イザナミは、「わたしに恥をかかせた」と言って、すぐさまヨモツシコメ(黄泉の国の醜い女)にイザナギを追わせた。そこで、イザナギはクロミカズラ(頭に巻いた蔓草の冠)を取って投げ捨てた。すると、そこからエビカズラ(山ブドウ)が生えてきて、ブドウが実って、ヨモツシコメたちはブドウを食べているうちにイザナギは逃げた。それでも、まだ追いかけてくるので、右のミヅラに指しておいたユツツマの歯を抜いて、投げ捨てた。すると、タケノコが生えて、またそれを食べている間にイザナギは逃げた。
【私感】
 頭の上に付ける冠も世界的に同じなのですね。日本では葡萄が採れるので、その蔓をあしらっている。古代ギリシアのアポローンの祭りの勝者には月桂冠ですものね。古代オリンピックではオリーブ冠でした。また、ここでもユツツマが出てきますね。古代の櫛で、松茸が生えてくるとありますから、その当時、櫛は竹から作られていたのでしょう。遂に、イザナギは追っ手を追い払うために、カグツチを斬った十拳の剣を振り回します。
【本文】
且後者。於其八雷神。副千五百之黃泉軍。令追。爾拔所御佩之十拳劔而於後手布伎都都。逃來。猶追到黃泉比良。坂之坂本時。取在其坂本桃子三箇。待撃者。悉逃返也。爾伊邪那岐命告其桃子。汝如助吾。於葦原中國所有宇都志伎。青人草之。落苦瀨而。患惚時。可助告。賜名號意富加牟豆美命。
【解説】
その後に八つイカヅチと千五百の黄泉の軍人が追いかけてきた。そこで、イザナギの腰から十拳の剣を抜いて、振り回しながら逃げた。でも、黄泉のものは更に追っかけてきた。やっとの事で坂本の比良坂(黄泉の国境)たどり着いた。そして、坂本に生えていた桃の実を三つ取って投げつけた。すると、黄泉の追っ手は恐ろしくなって逃げ帰った。そこで、イザナギは桃の実に「汝は吾を助けてくれた。葦原の中つ国で生まれた青人草(人たち)が苦しみのすえ患ってしまった時に、助けてください」と言って、オオカムヅミ(偉大な神の実)の名を授けた。
【私感】
 ここで坂本と出てきますが、坂は上がりと下りがあって、その頂上を坂本と言ったようです。そこが黄泉の国とイザナギが作った葦原の中つ国の境してある。この葦原の中つ国側には桃が咲いていて、桃太郎伝説のある吉備国と解釈すると、この神話にはヤマト王権の勢力範囲が示されているように思える。崇神天皇の頃に吉備を味方に入れ、最後の敵、出雲と戦った。黄泉の国が出雲だとすると、この神話は崇神天皇の時代に作られたとしても過言ではない。
【本文】
最後其妹伊邪那美命。身自追來焉。爾千引石。引塞其黃泉比良坂。其石置中。各對立而。度事戶之時。伊邪那美命言。愛我那勢命。爲如此者。汝國之人草。一日絞殺千頭。爾。伊邪那岐命詔。愛我那邇妹命。汝爲然者。吾一日立千五百產屋。是以一日必千人死。一日必千五百人生也。故號其伊邪那美神命。謂黃泉津大神。亦云。以其追斯伎斯。而。號道敷大神。亦所塞其黃泉坂之石者。號道反大神。亦謂塞坐黃泉戶大神。故其所謂黃泉比良坂者。今謂出雲國之伊賦夜坂也。
【解説】
最後にイザナミが自ら追っかけてきた。そこで、黄泉の比良坂の道のど真ん中に大きな岩を置いて、イザナミが追ってくるのを塞いだ。イザナギとイザナミはその岩をはさんで向き合い、イザナミが「いとしいあなたが仕打ちをなさるなら、わたしはあなたの国の人々を一日で千人も殺してしまいますよ」と言った。イザナギも「愛おしい妹よ、そのようにするのであれば、われは千五百の産屋を建てて、人を増やしますよ」と言い、葦原の中つ国では、千人が死ぬと千五百の人が生まれてくるので大丈夫でした。イザナギは、そんなイザナミをヨモツオオカミと名付け、或いは、イザナギに追い着いたことからチシキノオオカミと名付けた。また、イザナギとイザナミを遮った岩には、チガヘシノオオカミを、または塞いだのでヨミドノオオカミと名付けられた。そして、この黄泉の比良坂は、今では出雲の国の伊賦夜坂(出雲国風土記では、意宇郡条に伊布夜の社とあり、現在の島根県八束郡東出雲町揖屋町の揖夜神社のことではないかと言われている)。
【私感】
 イザナギとイザナミの段では、ヤマト王権と出雲の関係がこのように描かれています。ヤマト王権と出雲王朝とが手を結ぶために、イザナギとイザナミの婚姻という形にしてあるのですね。この後、イザナギは葦原中国平定のために、また多くの神々を生みます。そして、出雲では、オオクニヌシが出てきて、国譲り神話が展開されていきます。

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録