イザナミは、アワジノホノサワケシマの神からヒノヤギハヤオの神までを兄のイザナギとまぐわれ、多くの神をお産みになった。火の神であるカグツチの出産後、陰部を火傷されて病気になられ、嘔吐かれた痰や糞から神をお生みになって、ついに亡くなられます。そして、悲しんだイザナギは涙を流され、剣でカグツチを斬られる。そのカグツチの亡骸から神が生まれる。
【本文】
因生此子。美蕃登。見炙而病臥在。多具理邇。生神名。金山毘古神。次金山毘賣神。次於屎成神名波邇夜須毘古神。次波邇夜須毘賣神。次於尿成神名彌都波能賣神。次和久產巢日神。此神之子謂豐宇氣毘賣神。故伊邪那美神者。因生火神。遂神避坐也。凡伊邪那岐伊邪那美二神。共所生嶋壹拾肆嶋。神參拾伍神。
【解説】
カグツチを生んだとき、イザナミの美蕃登(女性の陰部で、蕃とは古語で現在は死語)を焼かれて病になった。イザナミはたぐり(嘔吐物)でカナヤマビコという神を生んだ。次にカナヤマビメの神(男神と女神の鉱山の神)。次に糞から神の名がハニヤスビコの神になり、次にハニヤマビメの神(男神と女神で、埴輪や土器に使用される土の神)。次に、尿から神の名がミツハノメの神(彌は水で、波は流れを表すことから農業用水の神)。次にワクムスヒの神(和久は若々しいという意味で、巣は人が住むところを生みだす神、言い換えれば農耕の神)。この神の子はトヨウケビメ(豊かで、宇が屋敷を表し、氣は元気がでる物を表していることから、食べ物の神)。そして、イザナミは火の神によって亡くなられて、神となられた。イザナギとイザナミはオノゴロ島で、十四の島と三十五の神を生まれた。
【私感】
 イザナギとイザナミのモデルは、元々が中国から船で稲を持ち込んだ民族。そして、イザナミは、鉄器に関係が深い民族であったことがこの『古事記』の文章で窺えます。遠い神話が描かれた昔、イザナギの民が中国からジャポニカ米の稲を持ち込んで、縄文人と共に稲作を始める。そこに、鉄器製造技術を持ち、農業用水路、灌漑を人工的に作れる土木技術を持ったイザナミの民が朝鮮半島経由で日本に。そして、オノゴロ島、淡路島を中心にした畿内に集結してきた。縄文時代後期の河内湾の森ノ宮貝塚に、海上を利用して船で、九州から西平式土器、関東から城之内土器、東北から亀ヶ岡式土器、北陸から八日市新保式土器が持ち込まれています。九州の民は瀬戸内海を経路とし、関東や東北の民は太平洋沿岸を経路とし、北陸の民は琵琶湖経由で。縄文時代後期から縄文人は船を利用して、日本の本州、九州、四国を移動して各地の民同士で交流があった。そこに、イザナミの民が水田による稲作を伝え、遅れてイザナミの民が鉄器や土木技術を持ち込んだ。『古事記』に描かれている神話の時期を三世紀から四世紀と仮定すると河内湾は次の地図になります。
古代の河内湖
古代の河内湖1800-1600年前(『続大阪平野発達史』梶山・市原、1985)
 イザナミの死によってイザナギは、イザナミの故郷である出雲地方にその遺体を葬った。出雲地方は鉄器の発祥地ですから。
【本文】
故爾伊邪那岐命詔之。愛我那邇妹命乎。謂易子之一木乎。乃匍匐御枕方。匍匐御足方而。哭時。於御淚所成神。坐香山之畝尾木本。名泣澤女神。故其所神避之伊邪那美神者。葬出雲國與伯伎國堺比婆之山也。
【解説】
さて、イザナギは仰せられて、「愛しいわたくしの妹君を一人きりにしてしまった」と。枕もとに這いつくばって、足下にはいつくばって、泣いた時、涙になって生まれた神が香具山の畝尾にある木のもとにお座りになったナキサワメの神(泉の女神)でした。そして、イザナミはその木の側で亡くなられて、神に成られたので、出雲の国と伯耆の国の境にある比婆山に葬った。
【私感】
 この文章は、イザナギという大王が実権のある大和三山の天香久山と畝傍山辺りにイザナミという妃の死体を遺棄し、出雲と伯耆の境にある比婆山に葬った。この神話がヤマト王権の天皇と出雲の姫との出来事のようにも受け止められます。実在していないかも知れない神武天皇と五十鈴媛命と仮定しても。実際には、ヤマト王権の初期、大和と出雲が敵対していた崇神天皇の時代の話ではないでしょうか。

 イザナギが腰から抜いた剣は、先まで幅広く、拳が十も繋がる長い剣でした。スサノオがオロチを退治した剣やニニギが天孫降臨で高千穂峰に差し込んだ天叢雲剣(草薙剣)と同じ形態の剣でした。ここでの剣は神霊として扱われています。神武天皇が東征したときに現れるタケミカヅチの神と同じ扱いのアマノオバマの神です。
【本文】
於是伊邪那岐命。拔所御佩之十拳劔斬其子迦具土神之頸。爾著其御刀前之血。走就湯津石村。所成神名石拆神。次根拆神。次石筒之男神。次著御刀本血亦走就湯津石村。所成神名。甕速日神。次樋速日神。次建御雷之男神。亦名建布都神。亦名豐布都神。次集御刀之手上血。自手俣漏出。所成神名。闇淤加美神。次闇御津羽神。 上件自石拆神以下。闇御津羽神以前。并八神者。因御刀所生之神者也。
【解説】
イザナギは、腰の立派な剣を抜いてカグツチの首を斬った。その刀の先についた血が周りの岩群に飛び散り、そこに生まれた神がイワサクの神(岩を取り除く神)。次にネサクの神(草の根っこを抜き取る神)。次にイワツツノオの神(岩を粉々にする小槌の神)。次に刀の手元に付いた血も岩群に飛び散り、神となったのがミカハヤヒの神(甕即ち土器の神)。次にヒハヤヒの神(樋とあるので、トユ即ち水を流す排水路の神)。次にタケミカヅチノオの神(後に剣の神とか相撲の神として出てくるが、ここでは雷の神)、またの名をタケフツの神とかトヨフツの神(布都は、布都御魂という剣のフツなので剣の神となる)。次に刀の握りの部分の手についた血が、指の間から漏れて、滴り落ちて生まれた神がクラオカミの神(淤加美とは古語で龍を表すことから、水や雨を司る神)。次にクラミツハの神(闇は谷間を表し、御津は水を、そこで谷間から湧き出てくる水の神)。このイワサクの神からクラミツハの神まで、八つの神が刀の一振りから生まれた神です。
【私感】
 ここで生まれた神は、農業に関わる神ばかり。岩を取り除き雑草を刈って、石を砕き、砂や土にして、農地を開拓。タケミカヅチノオは雷の神として扱われ、雷が鳴ると民は農耕には好ましい雨を予感することから、雷も神として崇められた。農水路や谷水も農耕には大切な施設や資源として神に。土器も縄文人から受け継いだ道具。火の神であるカグツチを斬って、農耕に関係がある神が生まれる。これは、鉄器製造などの最新技術が朝鮮半島、特に百済からもたらされ、縄文時代晩期からの農耕が革新的に発展していく様子がうかがえます。そこには、剣という軍事の力が見え隠れしていますね。

 カグツチの亡骸から山の神に生まれ変わります。軍事をあらわす剣は伊都之尾羽張として、伊都(イツ)は「稜威」という言葉に変えることにより、神聖であること。天皇の威光をあらわす言葉。高天原との関係から「天(アメ)」としても使われる。尾羽張の羽は「刃」と変えることにより、山の尾根の張り出した剣、即ち刃物の両端が鋭く、幅の広い剣です。
【本文】
所殺迦具土神之於頭所成神名。正鹿山津見神。次於胸所成神名。淤縢山津見神。次於腹所成神名。奧山津見神。次於陰所成神名。闇山津見神。次於左手所成神名。志藝山津見神。次於右手所成神名。羽山津見神。次於左足所成神名。原山津見神。次於右足所成神名。戶山津見神。故所斬之刀名。謂天之尾羽張。亦名謂。伊都之尾羽張。
【解説】
カグツチが殺され、その死体の頭から神が生まれ、その神の名がマサカヤマツミの神(鹿は帝位も表している)。次に胸から神になったのは、オドヤマツミの神(淤は泥で溶岩、縢は「かがる」と読み、止めるという意味)。次に腹から、オクヤマツミの神(深い山奥を表している)。次に陰部から、クラヤマツミの神(闇は山の谷間の暗い場所)。次に左手からシギヤマツミの神(志は木を表し、藝は茂るの意味)。次に右手からハヤヤマツミの神(羽は麓を表し、山の入口で農耕ができる場所)。次に左足から、ハラヤマツミの神(原は山の野原を意味し、原は石と泉から構成されている漢字なので、山中の泉も意味している)。次に右足からトヤマツミの神(戸とは入口を意味しているので、山と里の境)。カグツチを斬った刀の名はアメノオハバリ。別名をイツノオハバリ。
【私感】
 ここでも八つの神が生まれますね。それも山の神。人体の上層部から下層部に。頭から生まれた正鹿山〈津見神は天子を表し、その下位のヤマツミは各地の大王を表しているのでしょうか。イザナミの死とカグツチからの神々から、日本神話の裏に潜んでいる政権争いの観点で実際に起きた出来事を想定してみた。
 イザナギを天子とし、イザナミを出雲地方の大王の娘と仮定した場合、『古事記』の中巻の神武天皇と比売多多良伊須気余理比売(ヒメタタライスケヨリヒメ)との話と共通点があり、妃の名もタタラという鍛冶に関わりの名が付いていて、神武天皇の宮も畝傍山の麓の橿原宮となっています。ヒメタタライスケヨリヒメの母方は、大阪北部(茨木、高槻方面で、昔、三島郡と言われていた)の豪族の出身で、玉櫛媛(タマクシヒメ)の娘で鉄器製造していた豪族、三島溝咋耳一族でした。タマクシヒメとヒメタタライスケヨリヒメを祀った溝咋神社が大阪府茨木市五十鈴町にあり、崇神天皇によって創建されている。また、その神社の近く、大阪府高槻市三島江には加茂氏の三嶋鴨神社(オオヤマツミの神とコトシロヌシの神が主祭神)や高槻市赤大路町の鴨神社(オオヤマツミの神が主祭神)も存在している。タマクシヒメの父は加茂建角身命(カモタケツノミのみこと)で、神武東征で熊野から大和に案内した八咫烏の別名の神です。
 イザナギがカグツチの首をオハバリで斬った時に生まれる建御雷之男神(タケミカヅチ)の別名が建布都神(フツヌシ)とあり、これは『古事記』を編纂したときに書き加えたのではないか。建布都神は『出雲国風土記』では布都怒志命となっていて、『常陸国風土記』では普都大神となっていて、オオクニヌシの国譲りのところで活躍したタケミカヅチ共に葦原中国平定で降り立ったフツヌシノカミ(経津主神)。崇神天皇の時代に出雲を征圧したのが物部氏で、常陸にも物部氏が遠征して鹿島神宮を創建し、その主祭神として祀られたのが建御雷之男神。そして、香取神宮も創建し、その主祭神が経津主神。その後、蘇我馬子が物部守屋を丁未の乱で打ち破り、中臣鎌足が宮中で蘇我入鹿の暗殺を企てた結果、中臣氏のちの藤原氏が鹿島神宮と香取神宮を手に入れた。剣に関しても、建布都神の布都は布都御魂を指し、物部氏の石上神宮の神体は布都御魂剣です。
 また、カグツチの頭から生まれた正鹿山〈津見神についても、鹿という漢字が中国の周王朝の覇権の象徴として、中原(黄河の中・下流地域、現在の河南省を中心とし、山東省西部、陝西省東部にわたる地域)の鹿として扱われた。日本でも藤原氏の春日大社で、政権の神の使いとした鹿を飼っている。中国の『史記』の淮陰侯伝で「秦其の鹿を失い、天下共に之を逐う」とある。「鹿」と「禄」が同じ音から鹿を帝位にたとえ、政権を争うという「逐鹿」という漢字ができた。『古事記』の編纂に当たって、政権を鹿に置き換えたのでしょう。

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録