イザナギとイザナミが国生みを終えて、次に生み出した神々は自然界、生活感溢れる神々でした。これらの神々の特徴を生かした形で裏には、縄文人と神話を作り出した渡来人との融和やこれからヤマト王権を支えていくだろう氏族が隠されていたと思います。
【本文】
既生國竟。更生神。故生神名大事忍男神。次生石土毘古神。次生石巢比賣神。次生大戶日別神。次生天之吹男神。次生大屋毘古神。次生風木津別之忍男神。次生海神名大綿津見神。次生水戶神名速秋津日子神。次妹速秋津比賣神。此速秋津日子速秋津比賣二神。因河海持別而生神名沫那藝神。次沫那美神。次頰那藝神。次頰那美神。次天之水分神。次國之水分神。次天之久比奢母智神。次國之久比奢母智神。
【解説】
国生みを終え、さらに神々を生んだ。オオコトオシオ(忍男と書かれ、天の忍男が五島列島を表していたことから、大地の神)を生みます。次にイシツチビコ(大地に転がる大きな岩や石の神)。次にイワスヒメ(砂の神)。次にオオトヒワケ(家の出入り口の神)。次にアメノフキオ(葦やススキで作った屋根の神)。次にオオヤビコ(屋とあるので住居の神)。次にカザモツワケノオシオ(忍男が付いているので大地に生え、暴風から保護する木の神)。次にオオワタツミ(海神と最初に付いて、綿は海の古語なので海の神)。次にハヤアキツヒコ(水戸神と最初に付いているので海の港を表し、速は速やか、秋は清き明るい古語で、速やかに清き港の神)。次にハヤアキツヒメ(最初に妹と付いているのでハヤアキツヒコの妹、女神)。この兄妹の神が河と海という性格を持つ神で、アワナギ(男神)とアワナミ(女神)の河口の神を生みます。次にツラナギ(男神)とツラナミ(女神)は、水面を表す神。次にアメノミクマリ(男神)とクニノミクマリ(女神)は、農業用水を配分する水路の神。次にアメノクヒザモチ(男神)とクニノクヒザモチ(女神)。この久比奢母智とはヒョウタンの古語で、ヒョウタンは縄文時代から水筒的な容器として使用されていたので、水に関係がある神。
【私感】
 各地に大きな岩信仰やご神木信仰などの自然崇拝が現在でも、また沖ノ島のように神の島として存在しています。これらの信仰は、一万年以上続いた縄文時代から継続的に行われてきた信仰で、中国から渡ってきた信仰ではないのです。これを『古事記』に記載していて、『日本書紀』には省かれている神々。オオワタツミが出てくる辺りから、海人系が加わり、縄文人を含めて、稲作を推進していく中で、農業用水路の神様や古代日本人が愛用していたヒョウタンの神様まで出てきます。
 また、『古事記』編纂に当たって、言い伝えられた神の名前に「毘古」或いは「日子」や「比賣」、「別」や「見」或いは「美」が使われていることから、『古事記』の原本は三〇〇年前後に作られた話と思われる。それと、ミクマリやクヒザモチでは、アメノが男性を表し、クニノが女性を。これ、考え方や物の見方を変えると、アメノは天つ神、クニノは国つ神。極端に言うと、アメノは渡来人の男子、クニノは縄文人の女子。そのようになると、三〇〇年前後の『古事記』の原本だけれども、言い伝えられた話はもっと遡り、稲作が中国から伝わった時期まで。この部分の文章は、古代の生活感溢れる話となっています。

 この後、イザナギとイザナミは風の神や山の神、船や火の神まで生みます。そして、イザナミは火の神を生んで、火傷してイザナミは出雲の国に。イザナギは黄泉の国へと話が展開していきます。
【本文】
次生風神名志那都比古神。次生木神名久久能智神。次生山神。名大山津見神。次生野神。名鹿屋野比賣神。亦名謂野椎神。此大山津見神野椎神二神。因山野持別而生神名天之狹土神。次國之狹土神。次天之狹霧神。次國之狹霧神。次天之闇戶神。次國之闇戶神。次大戶惑子神。次大戶惑女神。次生神名鳥之石楠船神亦名謂天鳥船神。次生大宜都比賣神。次生火之夜藝速男神。亦名謂火之炫毘古神。亦名謂火之迦具土神。
【解説】
イザナギとイザナミは、次にシナツヒコ(風の神)を生みます。次にククノチ(木の神)。次にオオヤマツミ(山の神)。次にカヤノヒメ(野の神)で、別名をノツチという。その山の神オオヤマツミと野の神ノツチが山と野を分担して野山の神を生んだ。そして、アメノサツチとクニノサツチで砂と土の神。次にアメノサギリとクニノサギリで霧の神。次にアメノクラトとクニノクラトで闇の戸とあるので、暗闇の出入り口の神(洞穴の神)。次にオオトマドヒノコ(男神)とオオトマドヒノメ(女神)で戸と惑とあるので、出入り口から出てきた迷子の神。これらの神々はイザナギとイザナミの孫にあたる神。その後、イザナギとイザナミはトリノイハクスフネで別名をアメノトリブネで鳥と船とあるので神の乗り物(鳥と船は同等を表し、石と楠とあるので、石や楠で作られた船を表している)の神。次にオオゲツヒメ(穀物の神)。次にヒノヤギハヤオ(火の神)で別名をヒノカガビコ或いは、ヒノカグツチと言いました。
【私感】
 この個所は、自然界の神々を列記されています。しかし、縄文時代から山で洞窟など住んでいた人が野に出てくる様子が描かれ、それも霧によって現れることになっている。それと、日本原林ではない楠という木材で作られた船で河口に現れ、楠は中国から持ち込んだのでしょう。それと稲穂の米粒も持ち込んだと思われ、縄文人が野に出て、中国から渡ってきた人達と共に、稲作を始める。ここで、ヒコやミやヒメが付いている神(風、山、野、穀物、火)は、中国から稲作を持ち込んだ人達が認識していた神々で、その他の神々は縄文時代から存在していた自然環境と、日本に稲作が中国から伝わり、日本独自の環境下で作り出された神々のように思われます。
 また、この個所には別名が出てきます。野の神は、鹿屋野と野椎。野原を表すのに、鹿が駆け回る野と椎が生えた野。これは、鹿が駆け回る野とは狩猟を表し、縄文時代の風景。椎が生える野とは椎の果実、ドングリ栽培(縄文時代の食料)が見られる風景。船の神は、石楠船と鳥船。石楠はシャクナゲとも解釈できるが、楠とすると。楠は温暖な地帯、台湾、ベトナム、中国で生育し、日本では九州に多く、ご神材として神社で信仰対象とされている木材です。虫害や腐敗に強いため、古代から船の材料として使用された。鳥は船と関係がないようですが、高天原に行くには鳥のように空を飛ぶ乗り物が必要で、古代の乗り物というと船となり、空を飛ぶ船という感覚でした。火の神は、夜藝と炫と迦具。夜藝は夜の特殊な技術、夜になると火をおこして、明るくしたり、食材を炊いたり、部屋を暖めたりする古代の人には特殊な技術でした。炫は、明るいとかまぶしい。迦具は火を燃やすこと。このカグツチを生んだイザナミは大火傷をして、鉄器の発祥地、出雲地方に身を隠すことになります。普通暖炉や煮炊きものでは大火傷をして死に至ることはないですよね。この火はたたら製鉄によるものと思います。
 日本では、石器時代から火をおこす技術はあったようです。新石器時代の晩期には土を練って、加熱させて土器を作っていましたから。そして、稲作が入ってきて、高度な火をおこす技術が進歩し、鉄をも製造することになりました。勿論、その技術は中国から入ってきたのでしょう。それを縄文人は真似たのですね。そして、大火傷をする。イザナミには、縄文人の血が流れていたかも知れませんね。

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録