第一部 渤海 第六章 鏡 第一節

 ひろりんとプー子は、青銅器を手にするため、ひろりんは森林の伐採に、プー子は海水を土器に汲み、薪を燃やして塩作りに励んでいた。その作業を続けていたある夕暮れときにひろりんは海岸線を見つめていたところにプー子がやってきた。
 「シーアンの向こうには何があるのだろう。」
 「ひろりん、何なの。独り言などいって。」
 「また、青銅器のことを考えているの。」
 「プー子、塩も大分できただろう。シーアンへ一緒に行こうか。」
 「ライシュウからだと遠いでしょ。」
 「プー子、塩、どのぐらいある。」
 「荷台にいっぱいになるほどはあるわ。」
 「では、荷台に積めるだけ塩を。」
 「行くつもりね。私、青銅器を見ていないので、ひろりんみたいに実感がないのよね。でも青銅器を磨けば、私の顔がうつるのでしょ。」
 「今、この海を眺めながら、昔の人の言い伝えを思い出していたところなのだ。」
 「その話、聞かせてくれる。シーアンや青銅器とどんな関係があるの。」
 「私達の祖先はこの海からやって来て、この地に住み着いた。ところが内陸から私達の生活を脅かす勢力があって、攻めてきた。そして、大きな戦いになって、私達の祖先の一部がシーアンの方まで遠征し、その戦いに敗れた。そして、シーアンの西の方へ移り住んだそうなのだ。」
 中国の神話伝説では黄帝(紀元前二千五百十年から紀元前二千四百四十八年)と蚩尤(炎帝神農氏の子孫とされ、羌が姓とされる)が涿鹿で戦い、その時に山東半島付近にいた勇敢で戦の上手い九黎族(ミャオ族の祖先といわれる)が蚩尤に見方して、黄帝と戦い敗戦した。その後、九黎族は山東半島に留まったものもいれば、南下して揚子江の付近に移動し、蚩尤を頼ってチベットや西域に移り住んだと言われている。ひろりんとプー子の時代、紀元前二千年頃に山東半島に住んでいたと思われる人々は、この九黎族の生きって残りだと思われます。涿鹿の戦いから数百年を経過しているが、ひろりんたちにも西域の話は伝わっていたのでしょう。ひろりんがシーアンより西の地方に関心を持ったことも理解できます。
 「プー子、帰ろう。」
 ひろりんがプー子に昔話をした後、シーアンに向けて塩の荷造りを始めた。
 「ひろりん、塩を荷台に積んだわよ。この塩をどうするの。」
 「この塩を行商して、シーアンまで行くのさ。」
 「この塩を米などに交換するのね。」
 「そうだ。野宿をしながら。」
 「では、土器なども持っていかないと。」
 いよいよ、ひろりんとプー子はシーアンに向かってライシュウを出発した。


にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録