第一部 渤海 第五章 宝物 第一節

 ひろりんはジーナンを出発する前、ある女性に出合った。ちょうど、りょうこうがひろりんの塩を生活用品に交換して歩いていたころです。ひろりんもりょうこうの後についていた時、奇麗な刺繍を施した衣服をまとい、首には、今まで見たことのない宝石をぶら下げ、腕輪もしていた。その女性が牛を連れ、塩を積んでいるひろりんに近づいてきた。
 「お兄さん、その牛に積んでいるのは塩ですか。その塩、少し私に分けてくださらないでしょうか。」
 「いいですよ。その代わり、この塩と何か交換してもらえる物がありますか。」
 彼女は、手を首飾りがしてある首の辺りに持って来た。
 「この首飾りの宝石のひとつをはずして、あなたに与えましょう。」
 ひろりんは、この女性を見つけたときから、その宝石には気になっていた。そして、プー子の姿が目に浮かんだ。
 「その宝石ですか。では、塩をこの器いっぱいにしてお渡しします。」
 ひろりんは、その宝石を手にした。そして、プー子の土産として、懐に直し込んだ。
 ひろりんは、りょうこう達とウェイファンに帰る途中、ふと懐に仕舞い込んだ宝石が気になった。そして、懐から取り出し眺めていた。
 「ひろりんさん、その宝石、どうされたのですか。」
 「りょうこうさんが、ジーナンで私の塩を生活用品に変えておられるとき、ある女性が現れて、塩とこの宝石を交換したのです。」
 「その宝石、琥珀ではないのですか。」
 「琥珀というのですか。」
 「高価な品物ですよ。大切にしなさい。」
 「プー子の土産にと思って、塩と交換しました。」
 琥珀は、翡翠のように石ではなく、木の樹脂(ヤニ)が長い歳月、地中に埋もれているうちに固形化した化石です。世界で琥珀の産出国の八十パーセントはポーランドのグダンスク市で占められています。中国では、雲南省、河南省、福建省、広西省、貴州省で取れ、日本では、岩手県久慈市、千葉県銚子市で産出されます。琥珀は、翡翠よりも古くから旧石器人によって、使用されていた宝飾品なのです。琥珀の化石で、アジア最古の遺跡は北海道の湯の里4遺跡と柏台1遺跡から琥珀の加工された化石が発見され、約二万年前とされています。
 ひろりんは、この琥珀の宝石をまた懐に入れ、プー子に見せたときの顔を浮かべながら、ウェイファンに足早に進めた。


にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録