旧石器時代前期(400万~20万年前)、日本に住み着いた人類(ネアンデルタール人)は、約125,000人と推測され、打製石器を用いて狩猟生活を送っていたと思われます。出雲市の砂原遺跡から旧石器時代中期(20万~4万年前)に日本最古の打製石器が発見されています。その頃の人口は、約1000,000人から1200,000人だったそうです。旧石器時代後期(4万~1万3千年前)にアフリカで発生した現人類(クロマニョン人)が日本にもやって来て、精密な石器を伝えた。その頃の人口が約2200,000人から3000,000人。この人達(港川人など)が日本人の祖先と思われます。日本は、火山地帯であり、高度の石器を製作するのに適していた花崗岩や玄武岩や安山岩が採れましたから。その中でも精密な打製石器を製作するのに最も優れた黒曜石が日本各地にたくさんありました。朝鮮半島や中国にはほとんど採取できない宝石のような石です。従来住んでいたネアンデルタール人とクロマニョン人とが混合して、島国になった日本列島で縄文時代(1万5,000年前~3,000年前)まで大陸からの渡来人がほとんどこない時代を縄文人は過ごします。
 最後の氷河期を過ぎた縄文時代には、今まで日本に生息していたマツやスギなどの針葉樹の他に大陸から穏やかな気候と共にサクラやブナ、ケヤキなどの広葉樹が西日本を中心に生育するようになっていた。温暖化により海水が上昇してスンダランドが沈没し、その当の人々が丸太舟に乗り、海流に流されて日本にやって来たクロマニョン人もいたと思われます。また、北から狩猟生活を続けていた人達は、日本列島と大陸が陸続きになっていた時に優れた石器を或いは、ナムマン像などを求めてやって来たクロマニョン人もいたと思われます。その縄文人達は、海に囲まれた日本列島で木材を鋭い黒曜石で作った斧で裁断して、石包丁で木を削り、舟を作って海に出て魚を捕り、広葉樹からなる果実を食べて生活するようになった。風媒花としての野性のイネも縄文時代に繁殖するようになったのでしょう。そして、岡山県の灘崎町にある彦崎貝塚の縄文時代前期(約6,000年前)の地層から、イネのプラントオパールが大量に見つかったこともあり、縄文人は陸稲で栽培していた。
 魏志倭人伝に出てくる末盧国の遺跡と言われている佐賀県唐津市の菜畑遺跡では、縄文時代晩期後半、谷底平野の斜面下部や低地の縁辺で、陸稲的な状況でイネの栽培が始まった跡が発見され、縄文時代晩期終末(紀元前930年頃)に入ると雑草の種子は大半が水田雑草で占められる。これは何を意味しているか。これは、従来の説では弥生人が水田式稲作を伝えたとなっていますが、縄文人も既に水田式稲作をしていたことになります。弥生人は、朝鮮半島経由で日本にやって来ていますから、縄文人が水田式稲作を朝鮮半島より伝授したことになり、縄文人は朝鮮南部に進出して直に水田式稲作を見て、北九州の地で3,000年程前から水田式稲作をしていたことになります。そして、稲を刈るときに使用されたと思われる石包丁も発見され、この形が韓国の慶尚南道の泗川の石包丁とよく似ています。
石包丁
 菜畑遺跡で水田跡が発見される前に、最古と言われた福岡市博多区の板付遺跡では、旧石器時代の石器も発見され、縄文時代早期(約9,000~6,000年前)の押型文土器が出土しています。この土器は、鉛筆のような丸い棒状の軸に文様を刻んで土器の表面を転がして器面の広い範囲同じ繰り返し文様で中には、米粒で楕円形を表わす文様もあります。このような土器の技法や作り方も朝鮮の櫛目文土器を真似て、縄文土器を製作し、押型文土器に発展してきたかも知れません。縄文人が朝鮮に渡る意味があったのでしょうか。それは、朝鮮半島には優れた石器を作る材料、黒曜石がないからです。縄文人は朝鮮に渡り、朝鮮にない黒曜石や糸魚川から採れるヒスイを持って行き、朝鮮から色々な文化を取り入れていたのではないでしょうか。良い物を取り入板付式壺形土器れるという日本人の性格は、既に縄文時代から受け継がれているのではないでしょうか。一旦、いいとなると日本では凄いスピードで広がり、ダメなものはすぐに廃ります。この傾向も縄文時代から弥生時代に移るとき、弥生人が縄文人を征圧して勝ち取ったのではなく、縄文人が素早く取り入れたと思います。この事実、北部九州に伝播した水田稲作は2~3世代、ほぼ半世紀で西日本一帯に広まっています。たとえば、水田式稲作の農具(石包丁、太形蛤刃石斧、抉入柱状片刃石斧、扁平片刃石斧などの大陸系磨製石器類)と共に、板付式壺形土器を代表とする遠賀川式土器が西日本まで広がり、遠賀川式土器は東北の青森にまで普及した。この現象は、縄文人が朝鮮半島から渡ってきた弥生人を受け入れ、各地に弥生人を呼び寄せ、待遇をよくしていたからに違いない。それと、その当時、大量に渡ってくる弥生人に土地を与えていた縄文人がいたということも言える。
遠賀川式土器の分布と発見された弥生時代の水田分布図
2015年12月18日

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録