記紀に書かれている神武天皇が日向の国から東征で大和に着き、新しい后を現在の大阪府高槻市三島あたりからヒメタタライスケヨリヒメを迎えている。このヒメは、この三島に勢力を持っていて、神武天皇が東征で紀伊の山中で道に迷ったときに八咫烏(やたがらす)となって道案内をしたとされるカモタケツネミノミコトとされるミシマミゾクヒの娘、タマクシヒメと出雲に勢力があったオオクニヌシの子のコトシロヌシとの娘、ヒメタタライスケヨリヒメです。この神話と現在に高槻市に存在する神社と古墳について考策してみた。
 高槻市の三島江には三島鴨神社があり、赤大路町には鴨神社があり、茨木市の五十鈴町に溝咋神社があります。
三島鴨神社の主祭神:オオヤマヅミ、コトシロヌシ
鴨神社の主祭神:オオヤマヅミ、イザナギ、イザナミ、カモノミオヤオオカミ
溝咋神社の主祭神:タマクシヒメ、ヒメタタライスケヨリヒメ
溝咋神社相殿神:ミシマミゾクヒ、アメノヒカタクシヒカタ、スサノヲ、アメノコヤネ
 この神々だけでその当時のことを推測するのは難しいですが、神武天皇自体が存在されていたかも疑問です。ただ、この大阪府の高槻市や茨木市に三島一族が勢力を持っていたことは確かで、その時代が紀元前であるのか、高槻市に存在する古墳群の時代であるかは定かではありません。この三島一族の祖先を考えてみると三島鴨神社にオオヤマヅミが祀られているように、オオヤマヅミといいましたら、アメニキシクニニキシアマツヒコヒコホノニニギが天孫臨降されたときにコノハナノサクヤビメをみそめた話があり、そのヒメの父親がオオヤマヅミなのです。このオオヤマヅミも渡来系の氏族だと思われます。天皇家が日本に渡ってくる以前にいた氏族ということになります。それと、アメニキシクニニキシアマツヒコヒコホノニニギがコノハナノサクヤビメの姉、イハナガヒメを嫌って,オオヤマヅミのところに帰らせた話があり、このヒメがスサノヲの子のヤシマジヌミと結婚すると言う話が「古事記」に載っている。すると、オオヤマヅミの氏族は出雲に行き、オオクニヌシの子、コトシロヌシとも関係があることになり、その出雲の氏族がこの高槻地域に移り住んだことになります。三島鴨神社は、元々四国の伊予の大山祇神社(大三島神社)から来ているとされ、当初は三島神社と名乗っていたようです。それが、天皇家に関係がある加茂氏がこの地にやって来て、三島一族と加茂一族が合流するようになって、現在の名前に変えた。加茂一族は、その神社の他に一族のための神社として、鴨神社を創建し、加茂一族の祖、カモノミオヤオオカミと天皇家に関係があるイザナギ、イザナミを祀り、三島一族の祖、オオヤマヅミを祀ったとされている。溝咋神社は、三島一族の美貌が優れている巫女とされるタマクシヒメとその娘が神武天皇の后になるヒメタタライスケヨリヒメが祀られているわけですが、このヒメタタライスケヨリヒメの名の通り、出雲での鉄の製造方法として、タタラと言うのが付いているので、この三島一族も鉄製造に関わりがあった氏族と考えられ、加茂一族も天皇家が抱えていた鉄製造技術者の集団だったなで、三島一族と加茂一族との合流は可能であったかも知れない。
 では、三島一族と加茂一族がいつ頃合流したか。たとえば、天皇家がヤマト朝廷を立てたころを基準にしたいのですが、それがまたいろいろな説があって難しい。鉄器の製造技術が日本に入ってきたころとすると、紀元前後になるわけで、その頃から、三島一族は北九州から出雲、或いは北九州から伊予を経て、高槻地方にやって来たと考えられます。2世紀から3世紀に掛けて、倭の大乱がおこり、制定してからヤマト朝廷が発足したと考えられます。その倭の大乱のころに加茂一族が高槻地方にやって来て勢力を伸ばしたと推測しますと、加茂一族のカモタケツネミノミコトが三島一族のミシマミゾクヒと同一人物である可能性が強くなってきます。
 神武天皇とヒメタタライスケヨリヒメが婚礼されて、ヤマト朝廷が発足するわけですが、その時期がいつ頃かについては全く解りません。そして、今まで述べてきた神話の話がいつ頃であったかも推測できません。でも、大阪府高槻市と茨木市に三島鴨神社と鴨神社と溝咋神社が存在し、継体天皇の古墳だと言われている茨木市太田3丁目にある太田茶臼山古墳や高槻市郡家新町の今城塚古墳が存在し、5世紀後半から6世紀前半に築かれたと言われています。継体天皇というと、応神天皇から5代後の直径ではない越前の国から即位した天皇ですね。この辺りの時代にこれまでの神話の話が成立したのではないかと思われます。
2014年8月31日

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録