秦の始皇帝(在位:紀元前246年~紀元前210年)の時代、西域には月氏がいて、東北には殷晩期に遼西で栄えた夏家店下層文化(紅山文化から続く、紀元前2,000年から紀元前1,500年頃の現中国東北部、北西は内蒙古自治区東部のシラムレン川北岸から張家口にかけて、南東は河北省北部から遼寧省西部を中心とした文化)を征服した東胡が、まだ小国ではあるがスキタイの東方起源説だと言われている匈奴が西北にいた。その頃、匈奴の単于頭曼は、太子である冒頓を廃してその弟を太子にしようと、冒頓を月氏へ人質として送った。しかし、頭曼は冒頓がいるにもかかわらず月氏を急襲してきた。これに怒った月氏は冒頓を殺そうとしたが、あと少しの所で逃げられてしまう。匈奴に逃げ帰った冒頓は父の頭曼を殺して自ら単于となり、さっそく東の東胡に攻め入ってこれを滅ぼし、そのまま西へ転じて月氏を敗走させ、次いで南の楼煩、白羊河南王を併合し、漢楚内戦中の中国にも侵入し、瞬く間に大帝国を築いた。月氏は、その後も依然として敦煌付近にいたが、漢の孝文帝(在位:紀元前180年~紀元前157年)の時代になって匈奴右賢王の征討に遭い、月氏王が殺され、その頭蓋骨は盃(髑髏杯)にされた。王が殺された月氏は二手に分かれ、ひとつがイシク湖周辺へ逃れて大月氏となり、もうひとつが南山羌(現在の青海省)に留まって小月氏となった。イシク湖周辺に逃れてきた月氏の残党(大月氏)は、もともとそこにいたサカ族の王を駆逐してその地に居座った。しかし、冒頓の子、老上単于(在位:紀元前174年~紀元前161年)の命により、烏孫の昆莫が攻めてきたため、大月氏はまた西へ逃れ、最終的に中央アジアのソグディアナに落ち着いた。
 紀元前141年に漢の武帝(在位:紀元前141年~紀元前87年)は、対匈奴積極策として張騫を西方に移動していた月氏(大月氏)と同盟を結ぶことが目的で、西域に派遣している。この時、大月氏の占領下で存在した大夏国に立ち寄っている。このトハリスタンは、アム川の南に位置し、ペルシア文明に大きな影響を与えたゾロアスbactriaター教の開祖であるゾロアスターが育ったバクトリア地方なのです。紀元前500年頃のバクトリアでは、支配階級はペルシア人とスキタイ系のサカ人とによって構成されていたものと考えられ、バクトリア地方は、もともとアッシリアが分裂してできた4王国の一つのメディア王国の一部です。その後、紀元前518年頃、アケメネス朝ペルシアのキュロス2世の時代に征服され、ペルシア帝国の一部となった。さらにその後、紀元前328年にマケドニア王国のアレクサンドロス大王によって征服された。大王の死後はセレウコス朝シリアの一部となり従軍ギリシア人の一部が住み続けた。その後、バクトリア地方は、バクトラを中心として建てられたギリシア人王国、グレコ・バクトリア王国(紀元前255年頃~紀元前130年頃)が支配していた。この国を中国の史記では大夏国となるのです。グレコ・バクトリア王国の末期の国王、エウクラティデス1世(紀元前171年~紀元前145年頃)は、インド・グリーク朝のデメトリオス2世を倒し、西北インドをふたたび支配下に置くことに成功する。しかし、インド遠征から帰還する際、王国の共同統治者にしておいた息子のヘリオクレスによって殺され、ヘリオクレスがグレコ・バクトリア王国の君主となった。しかし、ヘリオクレスの治世は長く続かず、紀元前140年~紀元前130年の間に北の遊牧騎馬民族であるアシオイ,パシアノイ,トカロイ,サカラウロイの4種族に侵攻され、王国は滅ぼされた。このトカロイとはトハラ人のことで、バクトリアがトハラ人の土地という意味でトハリスタンと呼ばれるようになった地域に住んだ人々を指し、中国や日本の史書では吐火羅人と表記される。またサカラウロイとは、バクトリア地方に以前から住んでいたサカ人のことなのでしょう。
 バクトリア地方の大夏国を大月氏が占領することになるのですが、漢の武帝の同盟を結ぶ要求に対して、大月氏が受け入れなかったのはこのバクトリア地方が、ペルシアからギリシャに至る交易の中心地だったからではないでしょうか。
2013年3月17日

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録