日本の古墳時代の幕開けは、奈良の桜井市にある箸墓古墳の前方後円墳で築造が3世紀の中期と言われています。その後、奈良に集中していた古墳が4世紀後半には山梨の甲府市の甲斐銚子塚古墳などのように地方に分散されて築造されるようになり、5世紀の前期から中期に掛けて、河内平野に誉田御廟山古墳や大仙陵古墳や上石津ミサンザイ古墳という巨大前方後円墳が築造されました。これらの古墳は、応神天皇、仁徳天皇、履中天皇の御陵だと言われています。その他にも、岡山の造山古墳や作山古墳が地方豪族によって築造され、7世紀前半に千葉の印施郡栄町の浅間山古墳が前方後円墳としては最後の古墳となり、それ以降、古墳が姿を消していくことになります。
 3世紀頃の日本は2世紀後半の倭国大乱を終え、三国志の魏志倭人伝で邪馬台国や卑弥呼が出てくる時代です。でも、天武天皇や持統天皇時代に編纂された古事記や日本書紀には、邪馬台国や卑弥呼の存在は出てきません。しかし、この3世紀頃には大和朝廷が国家を治めていたことは事実だと思います。その当時、奈良盆地に出現した古墳群をみれば、たぶん大和朝廷だと思われる政権が巨大な古墳を築造して、権勢を振るったのでしょう。
 古事記によると、神武天皇が東征して、奈良の橿原に辿りつき、宮殿を建てたとあります。そして、奈良盆地で田畑を開墾し、水路を構築して稲作を奨励し、奈良盆地に人工が増え、更なる開墾と水路の構築を行なった結果、その土を盛り土にして小山を作り、そこに竪穴式石室を入れて、その当時の権力者の御陵を築造したと考えても不思議ではないですよね。大和朝廷が肥大化するに連れて、各豪族に地方の開墾を奨励し、各地に地方豪族の古墳が出来ていったと考えることもできます。また、4世紀末期から5世紀初頭に掛けて、大和朝廷は各地に奨励した稲作の開墾の財力をもとに百済と手を結び、新羅や高句麗を攻めています。その記録が高句麗の好太王碑文にも記されていますし、日本の独自の古墳である前方後円墳は、韓国の全羅南道に11基、全羅北道に2基が確認されていて、5世紀前半から6世紀初頭のもので、百済・任那地域に存在する。
 韓国の前方後円墳は、朝鮮半島から古墳の文化が日本に流れてきたのではない事の証拠に、それらの古墳からの埋蔵品が日本の古墳から出土されたのとまったく同じであることです。このことは、水田による稲作をするための水路や灌漑、ため池の技術が朝鮮半島から渡ってきたのではなく、紀元前の弥生時代早期に中国大陸から水田による稲作の農耕技術が渡ってきたと思われます。
 中国に日本の前方後円墳があったのかというと、ないのですが、古墳(円墳)自体は紀元前1250年頃の古代ギリシャのミケーネ文明の蜂窩状墳墓、アトレウスの宝庫でも見られますし、紀元前800年頃から紀元前200年頃までのスキタイ文化、現在の西はウクライナから東はロシアのトゥヴァ共和国までにその当時の古墳が存在している。この遊牧民族のスキタイは、古代ギリシャ人やアーリア人や祖スラブ人の混血だと考えてよいと思う。紀元前3世紀頃に西域にいた月氏もこのスキタイの流れを汲んでいるかも知れない。
2012年8月18日

にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録