星糞峠で採れた黒曜石
 石器時代に、鋭い石器を求め、狩りをしながら移動生活を送っていた。そして、黒い輝きのある石を発見する。黒曜石ですね。黒曜石を砕けば、鋭い矢尻にもなった。また、獲物を解体する刃物にもなった。後期旧石器時代や縄文時代の黒曜石の代表的産地としては北海道遠軽町(旧白滝村)、長野県霧ヶ峰周辺(和田峠や星糞峠)、静岡県伊豆天城(筏場や柏峠)、熱海市上多賀、神奈川県箱根(鍛冶屋、箱塚や畑宿)などの山地、海水に接して急冷される機会があった島嶼では、東京都伊豆諸島の神津島・恩馳島、島根県の隠岐島、大分県の姫島、佐賀県伊万里市腰岳、長崎県松浦市の牟田、同県佐世保市の東浜と針尾、同県川棚町の大崎などが知られる。この黒曜石の産地に縄文人が集結してくるようになった。特に山地では、クルミなどが取れて、食肉となる野生動物もいたであろう。鹿とかウサギや野鳥類。その宝庫が諏訪地域にあった。黒曜石が取れる霧ヶ峰を中心にした八ヶ岳山麓に縄文人が。
諏訪湖とその周辺
 今から30,000年前から20,000年前、旧石器時代の石器人が黒曜石の魅力を知って、この八ヶ岳山麓で生活していた痕跡が茅野市奥蓼科の渋川遺跡で発見されている。10,000年前になって、狩猟採集生活をする縄文人がこの八ヶ岳山麓に集結し、諏訪市の細久保遺跡あたりに集落を形成するようになった。また、日本最古の黒曜石鉱山、星糞峠と星ヶ塔辺りで採掘坑の痕跡が発見されている。この黒曜石鉱山で取れた黒曜石の矢尻などが5,900年前から4,200年前の青森県三内丸山遺跡からも発見されている事からもわかるように、霧ヶ峰周辺の黒曜石は良質であった。三内丸山遺跡で糸魚川の翡翠が発見されているように、縄文人のネットワークが確立していたようです。
八ヶ岳山麓の遺跡
 三内丸山地域は4,000年前ころから寒冷化と広葉樹が少なくなり、針葉樹が増えて、食料としての木の実の収穫が減少。そのため新たな地を求めて、縄文人は南下した。東北地方にいた縄文人が、広葉樹の豊富な信濃・諏訪地域まで。5,000年前頃、縄文時代中期に八ヶ岳山麓に集落が発生し、たとえば、「縄文のビーナス」や「仮面の女神」で有名な茅野市の尖石遺跡を始めとするこの地域、富士見町藤内遺跡、井戸尻遺跡、原村阿久遺跡、茅野市の駒形遺跡、棚畑遺跡、中ッ原遺跡などに、東北地方の縄文人が移動してきて、大規模な集落を形成した。この地域では縄文人の食物、ドングリなどの実や鹿、イノシシ、川魚などが生息する豊かな森が広がり、人口が増加し、「縄文の都」とまで言われるようになった。中には、黒曜石の矢や槍を使いこなす集団も出現したかも知れませんね。それが物部氏か。
守屋神社 八ヶ岳山麓の向かい側に守屋山があり、頂上に守屋神社があります。「守屋」、そうです、物部守屋を祀っています。587年7月、蘇我馬子は群臣と謀り、物部守屋の屋敷があった河内国渋川郡に追討軍の派遣した丁未の乱。これにより、屋敷を焼かれた物部守屋は死去した。そして、物部一族は全国に散らばった。その中に、物部守屋の次男の武麿が守屋山に逃れて、やがて守矢氏へ養子入りして神長となった。元々、この山は守矢氏が諏訪大社の諏訪氏がこの地に入ってくるまでは、諏訪地方の民間信仰の神、洩矢神(もりやのかみ)を祀っていた。武麿がこの地で生活するようになって、守屋神社を祀り、守屋山と名付けるようになった。ちょっと穿った考えかも知れないが、物部氏の本拠地、河内国渋川郡の「渋川」と石器人も生活していた茅野市奥蓼科の渋川遺跡の「渋川」とは同じではないか。また、次男の物部武麿がこの地を選んだのは、物部氏の祖先は八ヶ岳山麓周辺の縄文人ではないだろうか。守矢氏と物部氏とは何らかの関係がある。


にほんブログ村テーマ 原始ブログ集まれ。へ
原始ブログ集まれ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

隠された古代史を探索する会
 隠された古代史を探索する会
隠された古代史を探索する会の会員登録